気に入らない相続人に相続させない方法

推定相続人の廃除という方法が考えられます。 もっと…

前妻との間に子がいた事例

ご主人の相続。法定相続人には配偶者(妻)のほかにご主人の前妻との子どもがいた事例です。調停で解決しました。 もっと…

相続を弁護士に依頼すべき10の理由

遺言は自分で書けます。遺産分割の協議にしても調停にしても,弁護士を雇わず自分で行うことも可能です。では,なぜ,相続の問題を弁護士に相談または依頼した方が良いのでしょうか。 もっと…

遺言を作る~相続の争いを避けるために 返信

相続人間で争いが生じると,感情的なものも加わり,深刻な紛争となる場合が少なからずあります。うちだけは大丈夫,という思い込みは禁物です。仲の良かった兄弟姉妹が相続で揉めたがために修復困難なまでに仲たがいしてしまった例も多数見てきました。そのような紛争を回避するのに有効な方法は,遺言を作成することです。 もっと…

寄与分~貢献度を考慮してもらえるか 返信

私は,母が亡くなって以降,被相続人(父)の身の回りの世話を一人で行ってきました。この度,父が亡くなり,相続の話になっていますが,実家に寄り付きもしなかった妹が法定相続分に従った遺産分割を主張しています。 もっと…